中小企業のための採用支援ツール

【2024年最新版】Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0とは?

Airワーク2.0とは?バージョン1.0との違いを解説

Airワーク(エアワーク) 採用管理のバージョン2.0が、2024年1月にリリースされました。Airワーク(エアワーク) 採用管理の既存ユーザーの方は、「管理画面がバージョンアップされました」と表示されたことに驚かれた方も多いはずです。今後はじめての利用を考えている方も、この機会にバージョン2.0の仕様や対応方法を理解しておきましょう。

本記事では、Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0でできることや、使用中のバージョンの見分け方などを解説します。

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0とは?

まずはじめに、Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0の概要と、バージョンアップが必要な理由について解説します。

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0の概要

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0とは、株式会社リクルートが提供する採用管理システム、Airワーク(エアワーク) 採用管理の新たなバージョンのことを指します。

企業情報を登録するだけで、採用サイトの作成や求人の公開、応募者管理機能などを無料で利用することができるシステムですが、今回、その既存機能をさらにバージョンアップするべくリリースされたのが、バージョン2.0です。既存ユーザーはバージョンアップをすることによって、使える機能を大幅に増やすことができます。また、これからはじめてAirワーク(エアワーク) 採用管理を利用する場合は、最初からバージョン2.0を使うことになるため、機能や仕様をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

▼Airワーク(エアワーク)採用管理については、こちらのコラムでご紹介していますので、ぜひご参考にしてください

Airワークとは?無料で使える理由や注意点Airワーク(エアワーク)採用管理はなぜ無料? デメリットと利用の注意点を解説

バージョン2.0へのバージョンアップが必要になる理由

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0へのバージョンアップが必要な理由は、新たな機能を追加し利便性を向上させるためです。今回のバージョンアップを通して、リクルート系の複数求人媒体と連携するIndeed PLUSや、それに伴うフォーマットや応募管理機能が追加されます。それぞれの機能については後ほど詳しくご紹介しますので、利用を開始する前にぜひご一読ください。

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0へバージョンアップは必要?

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0へのバージョンアップは、必ず必要になるものではありません。バージョン1.0の利用を続けることも可能です。一方で、将来的には1.0の提供が終了する場合もありますので、できるだけ早めに切り替えておく方が安心でしょう。

また、今回は機能の追加が行われているため、早めにバージョン2.0へ切り替えた方がよいという考え方もあります。Indeed PLUSが利用できるようになったことは、ユーザー側のメリットが非常に大きいため、採用力の向上を図りたい場合は、バージョン2.0に慣れておくことが良策でしょう。

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0でできること

ここからは、Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0で、具体的にどんなことができるのかを解説します。

求人作成と管理

従来のAirワーク(エアワーク) 採用管理と同様、バージョン2.0でも求人の作成と管理を行うことができるほか、システム内にて代理店と連携をすることで、求人の作成自体を代理店に任せることも可能になりました。さらには、Indeed PLUSの運用自体を代理店に任せることもできるため、社内にIndeed運用のノウハウが無い場合も、効果を上げやすくなったといえます。

採用ホームページ作成、公開

採用ホームページの作成、公開も、従来のバージョンから引き続き利用することができます。幅広いテンプレートからデザインやテーマカラーを選ぶことができ、自社オリジナルの採用ホームページの作成が可能です。GoogleやYahoo!から検索して表示される設定もできるため、自然検索からの流入も期待できるでしょう。

応募者管理

採用ホームページやIndeed PLUSからの応募受付や、応募者管理を行うことができます。Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0上の応募を一元管理できることはもちろん、社員からの紹介やSNS経由などシステム外からの応募者管理も可能です。応募者情報は手動でも追加できる仕様となっているため、採用計画の進捗を確認しながら、効率的な応募者対応を行うことができます。

また、転載される求人各媒体の応募者を一括管理しながら、応募者対応が実施できるため、応募状況をリアルタイムで把握することができ、たとえば有料プランを利用する際も応募状況を踏まえた予算管理が行いやすくなります。

Indeed PLUSの利用

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0では、Indeed PLUSの利用も可能になりました。Indeedへの掲載だけでなく、リクルート系列の求人媒体へ自動転載されるため、応募効果の向上を期待できる機能となっています。今後はリクルート系列(Indeed・タウンワーク・リクナビNEXT)以外の求人媒体にも連携される予定で、今回のバージョンアップの目玉といわれている機能のひとつです。

Airワーク(エアワーク) 採用管理のバージョンの見分け方

次に、Airワーク(エアワーク) 採用管理のバージョンの見分け方について解説します。既存ユーザーの方は現在どのバージョンを利用しているのか、確認してみることをおすすめします。

Airワーク(エアワーク) 採用管理のバージョンを見分けるポイント

Airワーク(エアワーク) 採用管理の既存バージョンは、アカウント作成日が2023.11.27以前のものです。ユーザー登録情報を確認することで、どちらのバージョンを利用しているか見分けられます。このほか、IDがおうぼうけるくん(リクルート応募受付システム)に紐づいている場合はバージョン1.0、AirIDに紐づいている場合は2.0という判別方法もあります。

また、画面上部にあるヘッダーが青と黒であればバージョン2.0で、ヘッダーが青のみの場合は1.0という見分け方も可能ですが、画面デザインや仕様は変更される場合もありますので、アップデートを実施していない場合はアカウント作成日の判別がおすすめです。アカウント作成日が2023.11.27以前のものはバージョン1.0、アカウント作成日が2023.11.27以降はバージョン2.0と覚えておくとよいでしょう。

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0の利用がおすすめ

Airワーク(エアワーク) 採用管理を2023年11月時点で利用している既存ユーザーへは、先行して代理店連携などの案内が送信されているため、Indeed PLUSへの掲載準備を事前に行えている企業も存在します。既存ユーザーとしては単純に機能が向上するので、早めにアップデートし追加機能に慣れておくことが良策です。

また、今後Airワーク(エアワーク) 採用管理の利用を考えられている場合は、バージョン2.0から利用を始めることができます。Airワーク(エアワーク) 採用管理の掲載に当たって、まずは社内での準備を整えることが重要です次の章で、事前準備の方法を確認しておきましょう。

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0利用前の準備

Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0を利用するに当たって、準備しておきたいことを解説します。既存ユーザーも今後利用を考えられている方も、どちらも参考にできる内容です。利用前にぜひご参考にしてください。

採用ターゲットの確認

採用ターゲットの策定、または再確認をしておく必要があります。自社に必要なポジションを明確にし、最低限のスキルや経験・年齢を含む人物像を明確にしておくことが大切です。採用ターゲットを明確にすることで、採用ホームページの内容や求人情報が、求める人材に伝わりやすい内容になります。求人媒体を選定する際にも重要な軸になるので、自社に必要なターゲットをできるだけ具体的にイメージしておきましょう。

採用スケジュールの策定

採用ターゲットとなる人材をいつまでに採用し、どの時期までに戦力に育てるかを事前に確認しておきます。必要に応じて現場担当者との意思疎通を図り、今後の採用計画を社内で共有しておくこともおすすめの方法です。採用スケジュールは有料プラン利用の判断材料にもなりますので、「いつまでに何人、どのポジションで必要か」を明確にしておくことが大切です。

応募受付体制の整備

Airワーク(エアワーク) 採用管理経由で応募があった場合の、応募受付体制を整えておく必要もあります。応募があった際はどのように対応し、面接当日までどのように誘導するかを含めて、受け入れ体制についても事前の整備が必要です。

運用・管理方法を決めておく

Airワーク(エアワーク) 採用管理の求人内容の修正や再掲載、応募者全体の管理をどのように行うかも事前に確認しておくことをおすすめします。できれば2〜3名の担当者で応募情報を共有できるよう、体制を整えておくとよいでしょう。募集情報や応募者管理・対応などのミスは、企業の信頼を落としかねません。責任者を決め、状況に合わせた対応と管理ができるよう、社内体制を整えておくことが大切です。

まとめ

今回は、Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0でできることや、使用中バージョンの見分け方などを解説しました。Airワーク(エアワーク) 採用管理バージョン2.0の特徴や注意点を把握することはできたでしょうか? 自社に必要な事前準備を丁寧に行ったうえで、より効率的な採用活動にお役立てください。