中小企業のための採用支援ツール

【ツール比較16選】採用管理システム(ATS)の選び方を徹底解説!

採用管理システムの選び方(おすすめ16選)

採用活動の効率化を図るツールとして、採用管理システム(ATS)を導入する企業が増えています。しかし、採用管理システムには数多くの製品が存在し、それぞれ特徴や機能も異なります。

そのため、「採用管理システムを導入したいけど、自社に合うツールがわからない」と、導入をためらっている方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、採用管理システムの選び方を中小企業向け、中堅・大企業向けのそれぞれに分けて解説しています。加えて、完全無料で利用できるツールについてもご紹介していますので、新たに採用管理システムの導入を検討している方はぜひご参考にしてください。

採用管理システム(ATS)とは

採用管理システムとは、英語で「Applicant Tracking System」のことで、その頭文字からATSと略されます。すなわち企業が人材採用プロセスを効率化し、最適な候補者を見つけるために使用するソフトウェアのことです。

採用管理システムを使うことで、求人の公開から応募者の選考、採用までの一連のプロセスを可視化したり、採用活動業務を自動化することで、採用担当者の手間を大幅に軽減します。

採用管理システムにはさまざまな便利な機能が備わっており、それらの機能を活用することで、自社の採用活動力を高めることが可能です。採用管理システムの主な機能は次のとおりです。

機能内容
求人案件管理
  • 企業が複数の求人票を簡単に作成、公開、管理できます。
  • 作成・公開した求人の情報を外部の求人メディアや求人検索エンジンに掲載できます。
応募者管理
  • 応募してきた人々の情報を一か所にまとめて管理できます。
  • 提出された履歴書や職務経歴書データを関係者に共有できます。
  • 各求人メディアの応募情報を自動収集します。
選考管理
  • 応募者の選考状況を可視化し、対応の抜け漏れを防ぎます。
効果分析
  • 採用活動の状況や求人サイトごとの応募状況などをグラフ化し分析できます。
採用ホームページ作成
  • 自社の採用情報を紹介する専用ページが作成できます。
  • 自社の魅力を求職者に伝えることができます。
外部ツール連携
  • 日程調整ツールやカレンダー、ビデオチャットツールなど、外部のアプリケーションやシステムとの連携が可能です。

このように、採用管理システムは非常に多機能であることが特徴です。

▼採用管理システムの機能やメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています

採用管理システム(ATS)とは?初心者に向けて機能やメリットを解説【初心者向け】採用管理システム(ATS)とは? 機能やメリットを解説

採用管理システム(ATS)の選び方のポイント

採用管理システムを選ぶ際は、自社の採用ニーズに合ったシステムを選定することが重要です。適切なシステムを選ぶことで、採用活動の効率化はもちろん、採用の質の向上にも繋がります。

ここでは、採用管理システムを選ぶ際におさえるべきポイントを6つご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

自社の採用目的に合っているか

採用管理システムを選ぶ際、最も重要なのは自社の採用目的に合っているかどうかです。採用管理システムは、新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用など、領域ごとに求められる機能や役割が異なります。

たとえば、新卒採用に特化したシステムでは、説明会予約機能や新卒ナビサイトとの連携機能が備わっている場合があります。一方、中途採用に特化したシステムでは、人材エージェントとの連携機能や、候補者の情報や採用進捗を管理する機能が備わっていることが多いです。

したがって、自社の採用目的に最も適したシステムを選定することは、効果的な採用活動を行うための第一歩といっても過言ではありません。

自社の事業規模に合っているか

自社の事業規模に合った採用管理システムを選ぶことも重要です。なぜなら、大企業向けに設計された高機能なシステムは機能が豊富であるがゆえに、設定が複雑化し小規模企業には使いこなせない可能性があるためです。

いくら高機能でも使いこなせなければ無駄になってしまいます。一方、小規模企業の場合は、画面がシンプルで直感的な操作性のシステムが適していることが多いです。したがって、事業規模に合ったシステムを選ぶことで、効率的な採用活動を行えるようになります。

必要な機能が備わっているか

採用管理システムを選定する際には、自社の採用プロセスに必要な機能が備わっているかを確認することも重要です。たとえば、候補者との接触数を増やしたいといった場合は、ビデオ面接機能が備わったシステムが適しています。

また、大量の応募を処理する必要がある企業では、自動応答やフィルタリング機能が強化されたシステムが有効です。自社の採用プロセスに必要な機能を備えたシステムを選ぶことで、採用活動の効率化と効果の最大化が期待できます。

どのようなサポートが受けられるか

採用管理システムの選定において、提供されるサポート内容もあらかじめ考慮すべきです。とくに、採用管理システムの導入や正しい運用には、専門的な知識やアドバイスが必要となるケースも多いため、適切なサポートの存在は欠かせません。

たとえば、効果的な求人票の作成サポート、機能や操作の説明、技術的な問題への対応、定期的な機能アップデートなどが提供されると、システムの利用がスムーズになります。効果的なサポート体制が整っている採用管理システムを選ぶことで、システムの導入から運用まで安心して進めることが可能です。

担当者全員が使いこなせるか

採用管理システムを日常的に使用することになるのは、人事担当者や採用担当者です。また、なかには別の業務と兼任で採用業務に携わる方も多いでしょう。

したがって、システムが直感的で使いやすいかどうか、担当者全員がスムーズに使いこなせるかどうかは、非常に重要なポイントです。複雑すぎるシステムは、使いこなすための時間と労力がかかり、結果として採用活動の効率が下がる可能性がありますので注意しましょう。

システム選定の際には、本契約前にデモ版やトライアル期間を利用して、実際に担当者が操作してみることをお勧めします。これにより、実際の使用感を確認し、全員が使いこなせるシステムかどうかを判断できます。

既存ツールと連携できるか

近年、デジタルツールが普及したことで、多くの企業では数多くのツールやシステムを日常業務で利用しています。たとえば、メールシステム、カレンダー、ビデオ会議システム、給与計算システムなどが挙げられます。採用管理システムを選定する際には、これら既存のツールやシステムとの連携が可能かどうかを確認することが重要です。

シームレスに連携可能なシステムを選ぶことで、データの一元管理や業務プロセスの効率化が図れます。また、既存システムとの連携により、採用データをほかの人事業務に活用することが容易になり、採用活動のみならず、人事業務全体の質の向上も期待できるでしょう。

【中小企業向け】採用管理システム比較5選

中小企業における採用活動は、限られた予算とリソースのなかで最大の成果を出すことが求められます。ここでは、中小企業に適した5つの採用管理システムをご紹介し、それぞれのシステムがどのように採用活動をサポートするのか、主な機能と特徴を詳しく解説します。

1.アットカンパニー

アットカンパニー(サイトイメージ)
出典:アットカンパニー

アットカンパニーは「採用ページの制作」「求人作成・配信」「応募者の管理」が誰でも確実にできる採用管理システムです。インターネットが苦手な方や、忙しくて時間をとるのが難しい方でも、求人のプロに丸投げしサポートを受けながら人材採用に専念できるので安心して利用できます。

<主な特徴>

  • 複数の求人検索エンジンとの自動連携:IndeedやGoogleしごと検索など、複数の求人検索エンジンに簡単に掲載でき、応募の受付から選考後のやりとりの一括管理をサポート
  • 有料オプションで応募獲得を強化:Indeedのスポンサー広告で、急ぎの募集や集まりづらい求人に絞って応募を獲得を強化
  • 煩わしいページ作成や更新作業を丸投げ:採用ページや求人ページの作成、更新、見直しを求人のプロに丸投げすることができるほか、希望に応じて自社で編集や更新を行うことも可能

2.ジョブカン採用管理

ATS-ジョブカン採用管理(サイトイメージ)
出典:Entry Pocket

ジョブカン採用管理は、応募獲得から採用決定までの業務を一元管理するクラウドサービスで、応募者の獲得から候補者の管理、選考の実施、採用活動の効果分析まで行うことができます。中小企業の人事担当者が直面する、多様な採用課題に対応するために設計されているのが特徴です。

<主な特徴>

  • 複数の求人検索エンジンとの自動連携:IndeedやGoogleしごと検索と連携し、自動で求人掲載が可能
  • 候補者情報の一括管理:採用サイト、求人媒体、エージェントなどからの候補者情報を一元管理が可能
  • 選考の実施と効果分析:書類選考、面接日時の調整、面接後のフィードバック記入などが行え、経路別応募者数、通過率・承諾率といったレポート作成が容易

3.Entry Pocket

EntryPocket(サイトイメージ)
出典:Entry Pocket

Entry Pocketは、マイナビバイトが提供する採用支援ツールで、アルバイトやパートタイムの採用に特化しています。また、中小企業の採用担当者が直面する課題を解決するための機能が豊富に備わっています。煩雑になりがちな採用業務を1か所にまとめることで、原稿管理や効果測定、応募者管理にいたるまで、採用活動に必要な業務をサポートします。

<主な特徴>

  • 応募者情報を一括管理:複数求人メディアの応募者情報を自動転記し、一括管理が可能
  • 効果測定機能:求人メディア別や、店舗別といったパターン別に費用対効果の算出ができ、課題の発見をサポート
  • オリジナルデザインの採用サイトの作成:自社の魅力をアピールできるオリジナルデザインの採用サイトを構築し、応募数アップとミスマッチ防止を実現

4.Jobギア採用管理

Jobギア採用管理(サイトイメージ)
出典:Jobギア採用管理

Jobギア採用管理は、採用作業の効率化と採用担当者の業務負担の軽減を目指す採用管理ツールです。応募から選考、採用、管理までのプロセスをシステム内で一元管理し、情報共有を可能にします。採用メディアの効果測定の可視化も、採用コスト削減に貢献します。

<主な特徴>

  • 応募者情報の一元管理:他社メディアを含めた応募者情報をシステム内で一元的に管理し、選考プロセスをスムーズに進行させることが可能
  • 選考プロセスの共有と進捗管理:複数の採用担当者間で応募者情報や選考状況を共有し、効率的な選考プロセスの進行を実現
  • 効果測定と適性診断:採用メディアの効果測定機能と適性診断テストを活用し、より適切な人材の採用と採用後のマネジメントに役立てることが可能

5.採用係長

ats_採用係長(サイトイメージ)
出典:採用係長

採用係長は、自社内で「採用ページ作成」と「求職者集客」が完結できる採用マーケティングツールです。IndeedやGoogleしごと検索など、複数の求人検索エンジンに連携対応しているほか、採用ホームページを簡単に制作できます。

<主な特徴>

  • 複数の求人検索エンジンとの自動連携:IndeedやGoogleしごと検索など、複数の求人検索エンジンに簡単に掲載でき、幅広い求職者へのリーチが可能
  • 応募者一括管理機能:応募者の情報を一元的に管理し、選考プロセスの各ステップでのコミュニケーションを効率化
  • 採用サイトを簡単に作成:テンプレートを利用して採用サイトが作成でき、企業の魅力を効果的に伝えることが可能

【中堅・大企業向け】採用管理システム比較8選

中堅・大企業向けの採用管理システムは、多様な採用ニーズに応えるための高度な機能と、大規模な採用活動を効率的に管理するためのサポート体制を備えています。ここでは、とくに注目すべき8つの採用管理システムを比較し、それぞれの特徴をご紹介します。

1.採用一括かんりくん

ATS-採用一括かんりくん(サイトイメージ)
出典:採用一括かんりくん

採用一括かんりくんは、新卒・中途採用を一元化管理できる採用管理システムです。業務効率化を目指す企業に最適で、低価格かつ使いやすい設計が特徴です。さまざまな外部ツールとの連携が可能で、採用活動の各工程で発生する管理業務の工数を削減。また、SNSとのシームレスな連携により、コミュニケーションのスピードアップと返信率・参加率の向上が期待できます。

<主な特徴>

  • 新卒・中途採用を一元化管理:複数の採用プロセスをシームレスに管理し、効率的な採用活動を実現
  • SNSとの連携によるコミュニケーションのスピードアップ:応募者とのコミュニケーションがスムーズになり、応募者体験の向上に貢献
  • さまざまな外部ツールとの連携:既存のコミュニケーションツールやビジネスツールとの連携により、採用活動の幅が向上

2.HRMOS(ハーモス)採用

ATS-HRMOS採用(サイトイメージ)
出典:HRMOS採用

HRMOS採用は、新卒版も含めた幅広い採用ニーズに対応する採用管理システムです。ユーザーフレンドリーなインターフェースと、採用プロセスの各段階を効率的に管理するための豊富な機能を提供しています。また、、採用活動の質の向上と効率化を実現するためのデータ分析機能も充実しており、戦略的な採用活動をサポートします。

<主な特徴>

  • 新卒版を含む幅広い採用ニーズに対応:新卒から中途採用まで、多様な採用シナリオに柔軟に対応
  • ユーザーフレンドリーなインターフェースと豊富な機能:直感的な操作性と充実した機能で、採用業務の効率化をサポート
  • 採用データの分析機能が充実している:採用活動の成果をデータで把握し、戦略的な採用計画の策定を実現

3.Talentio(タレンティオ)

ATS-talentio(サイトイメージ)
出典:Talentio

Talentioは、とくに中途採用に強みを持つ採用管理システムです。候補者のスキルや経歴を詳細に管理し、最適な候補者を効率的に選定するための機能が充実しています。また、応募者とのコミュニケーションを効率化するツールや、選考プロセスの管理を簡素化する機能も提供しており、採用担当者の負担を大幅に軽減します。

<主な特徴>

  • 中途採用に特化した管理機能:経験豊富な候補者のスキルや職務経歴を詳細に管理し、採用業務の効率化に貢献
  • 効率的な候補者選定とコミュニケーションツール:スムーズな選考プロセスと応募者との円滑なコミュニケーションを実現
  • 選考プロセスの管理を簡素化する機能:選考の各ステップを効率的に管理し、採用担当者の負担を軽減

4.JobSuite

ats_jobsuite(サイトイメージ)
出典:JobSuite

JobSuiteは、新卒、中途、アルバイト、派遣など、領域ごとに特化したツールを提供する採用管理システムです。各領域の採用活動に最適化された機能を備え、企業の多様な採用ニーズに対応します。また、ひとつのプラットフォームで複数の採用活動を管理できるため、統一感のある採用戦略の実行が可能です。

<主な特徴>

  • 新卒、中途、アルバイト、派遣など領域ごとに特化したツール:各採用領域に最適化された機能を提供し、多様な採用ニーズに対応
  • 複数の採用活動をひとつのプラットフォームで管理:異なる採用活動も一元的に管理でき、統一感のある採用戦略を実行可能
  • 各領域の採用活動に最適化された機能を提供:領域ごとの特性に合わせた機能により、効率的かつ効果的な採用活動を支援

5.HERP Hire(ハープハイアー)

ATS-HERPHire(サイトイメージ)
出典:HERP Hire(ハープハイヤー)

HERP Hireは、デジタル人材採用を加速するための採用管理システムです。ビジネスチャットツール連携やデータ分析ツールなど、現場巻き込み型の「スクラム採用」のための機能を備えています。社員への採用情報の共有・フィードバックを通じて、全社員の採用参画率の向上をサポートします。

<主な特徴>

  • ビジネスチャットツール連携によるコミュニケーションコストの削減:応募情報・選考情報を連携したチャット経由で通知
  • 媒体からの応募情報の自動取得:採用情報を一元化し、効率的な管理を実現
  • 日程調整やリマインド連絡など、採用オペレーション業務の自動化:日程調整やリマインド連絡、選考通知などの煩雑になりがちな業務を自動化

6.sonar ATS

sonar-ats(サイトイメージ)
出典:sonar ATS

sonar ATSは、新卒採用と中途採用を統合して管理できる採用管理システムです。業界や企業規模を問わず1,800社以上が導入しており、煩雑な採用業務を可視化、自動化、効率化することで、応募者と向き合う時間を確保できます。

<主な特徴>

  • 応募者の一括管理と自動化された連絡・日程調整:さまざまな経路からの応募者情報を集約し、応募者や面接官との連絡や日程調整を自動化
  • 採用進捗のリアルタイム表示:選考の歩留りや合格率などのKPI管理に適しており、応募経路や適性検査の点数など、多角的な集計レポートをリアルタイムで表示
  • 外部ツールとの連携:SNS、Googleカレンダー、Microsoft Teamsなど、採用で利用するさまざまなツールとの連携が可能

7.HITO Linkリクルーティング

ats-HITOlink(サイトイメージ)
出典:HITO Linkリクルーティング

HITO Linkリクルーティングは、新卒・中途採用のオペレーション業務を自動化し、「採用そのものに向き合う時間」を生み出す採用管理システムです。応募者データの自動取り込みや、紹介会社との連携、エントリー数の推移など各種KPIの確認など、採用の成功に必要な各種機能を搭載しています。

<主な特徴>

  • 候補者情報の自動取り込み:大手求人媒体はもちろん、業界特化型やエリア特化型の求人媒体とも連携し、候補者の取り込み作業を大幅に効率化
  • カレンダーとの連携:GoogleカレンダーやOutlookカレンダーなどと連携で、候補者との日程のスピードアップを実現
  • 採用課題の発見とデータでの採用強化:柔軟なレポート機能で採用分析が可能。個社ごとに存在する分析軸にも対応可能なカスタマイズレポートを提供

8.ジョブオプ採用管理

ats_ジョブオプ採用管理(サイトイメージ)
出典:ジョブオプ採用管理

ジョブオプ採用管理は、求人・採用業務に関するさまざまな課題をオールインワンで解決できる採用管理システムです。応募数の増加、歩留まりの改善、採用業務の工数削減、採用コストダウンなど、採用における多岐にわたるニーズに対応します。

<主な特徴>

  • 応募管理と面接管理の一元化:複数の媒体からの応募者情報を一元管理し、面接スケジュールの設定・管理や応募者への採用結果の自動通知が可能
  • 効果レポートの提供:媒体ごとのレポート作成で採用効果の分析と改善に貢献
  • Indeed連携による応募数UP:最新のSEO対策とIndeed連携により、集客を強化し応募数を増加させることが可能

【完全無料】採用管理システム比較3選

採用活動においてコストを抑えつつ効率的に優秀な人材を確保したい企業にとって、無料で利用できる採用管理システムは非常に効果的です。

ここでは、完全無料で利用可能な採用管理システム3選をご紹介し、それぞれの特徴を詳しく解説します。

1.Airワーク(エアワーク) 採用管理

ATS-エアワーク(サイトイメージ)
出典:Airワーク(エアワーク) 採用管理

Airワーク(エアワーク) 採用管理は、求人作成から応募管理、採用ホームページ作成までカバーする、完全無料で利用可能な採用支援管理システムです。作成した求人は、Indeedに自動連携されますが、さらに有料オプションを利用することで、Indeed PLUSへの出稿が可能になり、より広範囲の求職者にアプローチすることができます。

<主な特徴>

  • 求人の作成・コンテンツの編集が容易:直感的な操作でデザイン編集に不慣れな方でも簡単に求人票の作成が可能
  • 応募者とのやり取りがスムーズ:応募者とのコミュニケーションも管理画面上で完結でき、採用業務の効率化が実現
  • 有料オプションでの広範囲へのアプローチ:Indeed PLUSを利用することで、国内主要求人サイト利用者に求人を届けることが可能

2.engage(エンゲージ)

ATS-エンゲージ(サイトイメージ)
出典:engage(エンゲージ)

engage(エンゲージ)は、エン・ジャパンが提供する無料の採用支援ツールです。求人の掲載から採用まで完全無料で利用できるほか、多数の求人検索エンジンとの連携により、幅広い層の求職者にアプローチすることが可能です。中小企業やスタートアップにおいて、採用コストを抑えつつ効果的な人材獲得を目指す際に有効なサービスです。

<主な特徴>

  • 複数の大手求人サービスとの自動連携:IndeedやGoogleしごと検索など、主要な求人検索サービスに自動で一括掲載
  • 簡単操作で求人掲載:テキストを入力するだけの簡単操作で求人を掲載できるため、ITツールに不慣れな方でも容易に使用が可能
  • 有料オプションで求人露出UP:「engageプレミアム」に申し込むことで、エン転職やエンバイトなど、求人の露出がさらにUP

3.リクナビHRTech採用管理

ATS-リクナビHRTech(サイトイメージ)
出典:リクナビHRTech採用管理

リクナビHRTech採用管理は、中途採用の応募から入社までの選考状況を一元管理できる無料の採用管理システムです。リクルートが提供するこのサービスは、中途採用における複数のエージェントからの候補者情報を効率的に管理し、選考プロセスの透明性と効率性を高めることを目的としています。

<主な特徴>

  • 直感的な操作性:Excelの操作感を維持したシンプルな画面設計で、候補者情報や選考条件の一元管理が容易
  • 複数のエージェントからの候補者情報を自動登録:エージェントから送られてくる候補者情報を自動でシステムに登録し、一覧画面から情報更新が可能
  • 選考後の分析機能: 求人やエージェント別に選考を分析することができ、蓄積された情報を次の採用活動に活かすことが可能
ATS向いている企業分析・レポート機能スマホ対応サポート体制採用ページIndeed連携料金
アットカンパニー中小企業要問い合わせ
ジョブカン採用管理中小企業求人ページ無料〜月額12万円
Entry Pocket中小企業要問い合せ
Jobギア採用管理中小企業月額3万、6万、9万円
採用係長中小企業月額19,800円〜
採用一括かんりくん中堅・大企業月額2万円〜要見積もり
HRMOS採用中堅・大企業要見積もり
Talentio中堅・大企業要見積もり
JobSuite中堅・大企業月額5万円〜要見積もり
HERP Hire中堅・大企業採用コンサルティングあり要問い合せ
sonar ATS中堅・大企業応募者のみ要問い合せ
HITO Link中堅・大企業要問い合せ
ジョブオプ採用管理中堅・大企業要問い合せ
Airワーク(エアワーク)
採用管理
中小企業Indeed PLUS連携無料
engage(エンゲージ)中小企業無料
リクナビHRTech
採用管理
中小企業無料

まとめ:採用管理システム(ATS)の導入は慎重に行うことが大切!

本記事では、採用管理システム(ATS)の選び方と、おすすめの採用管理システム16選について解説しました。適切な採用管理システムを選択することで、自社の採用課題の解消につながり、より効果的な採用活動を実現することが可能です。

採用管理システムを一度導入した後は、切り替えに手間もかかるため、導入を検討しはじめたタイミングで、自社の採用目的や必要な機能、既存ツールとの連携可能性など、どういったツールがマッチするか整理することをおすすめします。


<記事監修:高橋 洋介>

リクルートと広告代理店にて求人広告営業に従事。主に中小企業を中心としたアルバイト・中途社員の採用支援を行う。在職中にGCDFキャリアカウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント資格も取得。独立後はフリーランスとして企業の採用実務支援から、WEBマーケティング支援など幅広く活動している。