求人広告はプロに任せる?自分で作る?応募が集まる求人作成のポイントを解説!

応募が集まる求人作成のコツ

人材採用の際、求人広告の掲載を検討する方も多いでしょう。インターネットの普及に伴い、数多くの求人メディアが登場し、求人市場は大きく変化しています。

特に近年では、求人作成から出稿まで自分で行える、セルフ運用型のツールも登場しました。自分で行うことで高額な広告費用を払わずとも求人を掲載できます。

しかし、求人作成がはじめての場合はプロに任せるべきか、自分たちでやるべきか悩む方も多いでしょう。そこで本記事では、それぞれのメリットとデメリット、求人広告作成のポイントまで解説し、最適な選択をサポートします。

目次

応募が集まる求人広告のポイント

求人広告は、企業の魅力を伝える大切な媒体です。しかし、単に情報を掲載するだけでは、自社の魅力を十分に伝えることは難しいかもしれません。

成功の鍵は、どの情報をどのように伝えるかにあります。ここでは、求人広告で特に重要とされるポイントを詳しく解説します。

仕事内容と給与条件を明確に伝える

求人広告の中心となるのは、仕事の内容と給与です。これらの情報が不明確だと、求職者は不安を感じる可能性があります。

具体的な業務内容、必要なスキルや経験、給与の計算方法や昇給の基準など、詳細をしっかりと記載することで、求職者の疑問や不安を解消し、信頼感を持って応募してもらえるでしょう。

待遇・福利厚生など働きやすさをアピールする

待遇や福利厚生は、求職者が企業を選ぶ際の大きなポイントです。魅力的な福利厚生や人事制度を提供している場合は、しっかりとアピールしましょう。

例えば、退職金制度、育児休暇制度などの具体的な制度や、特別休暇、リモートワーク環境、フレックスタイム制度などの働き方の柔軟性をアピールすることで、求職者の関心を引きつけることができます。

会社の理念や事業内容をアピールする

企業の理念や事業内容を伝えることで、求職者が企業のビジョンや方向性を理解しやすくなります。企業のミッションやビジョン、長期的な目標などを明確に伝えることで、求職者がその企業でのキャリアをイメージしやすくなるでしょう。

また、事業の成長や将来性を伝えることで、スキルアップや自己成長を求める意欲の高い求職者の関心を引きつけることができます。

自社が提供するサービスや商品の価値を伝える

自社のサービスや商品の価値を伝えることで、求職者が自社に応募するモチベーションを高めることができます。

具体的なサービスの特徴や、それがもたらす社会的価値、競合との違いなどを明確に伝えることで、求職者が自社のサービスや商品に誇りを持ち、情熱をもって働くことができます。

働く仲間の声や職場の雰囲気を伝える

実際に働いている社員の声や職場の雰囲気を伝えることで、求職者が実際の職場環境をイメージしやすくなります。

具体的には、先輩社員インタビューや業務風景の写真、社内イベントの様子などを掲載することで、求職者が職場の雰囲気を感じ取り、「自分もその中で働きたい!」と感じるきっかけを作ることができます。

検索キーワードを意識する

現代の求職者は、求人情報を探す際にインターネットの「求人検索エンジン」を利用する機会が増えています。そのため、求人広告の文言には、求職者が検索する可能性の高いキーワードを取り入れることが重要です。

例えば、「完全週休2日」「未経験歓迎」などのキーワードは、多くの求職者が検索する言葉となります。これらのキーワードを適切に取り入れることで、求人広告が検索結果の上位に表示される可能性が高まるでしょう。

また、自社の業界や職種に特有のキーワードも忘れずに取り入れることで、ターゲットとなる求職者に的確なアプローチが可能です。キーワードを意識することで、より多くの求職者に求人広告を見てもらい、効果的な採用活動を進めることが期待できます。

応募が集まる求人広告を作成する3ステップ

求人広告を作成する際、ただ情報を並べるだけでは十分な効果が得られません。成功するための鍵は、戦略的なアプローチと明確なステップにあります。以下では、効果的な求人広告を作成するための3つのステップを詳しく解説します。

ステップ1.採用の目的を明確にする

採用の目的を明確にすることは、求人広告の基盤となります。これにより、どのような人材を求めているのか、どのような業務を担当してもらいたいのかなど、広告の方向性をしっかりと定めることが可能です。

採用の目的が明確であれば、それに合わせた内容を効果的に伝えることができます。

ステップ2.求める人物像と採用要件を明確にする

求める人材の人物像や採用要件を明確にすることは、自社に見合った人材を集めるための重要なステップです。

例えば、新卒採用と中途採用では求めるスキルや経験が異なるため、それぞれのターゲットに合わせた内容を伝えることが重要です。

その際、あれもこれも求めすぎると、求職者の間口が狭くなってしまいます。スキル(能力)とタイプ(性格・価値観)に分け、それぞれMUST(必須)とWANT(あれば尚可)で分類することで、どこまでを採用要件とするかが明確になります。

ステップ3.求職者の視点で伝えるべき情報を整理する

求職者の視点で情報を整理し、魅力的な文章にまとめることは、求人広告の効果を最大化するための鍵となります。

具体的には、求職者が知りたい情報や疑問点を先回りして解決し、企業の魅力や働く環境を効果的に伝えることで、応募の意欲を高めることが可能です。

求人広告を自分で作るメリットとデメリット

求人広告を自分で作成することは、採用活動において検討すべき選択肢の一つです。

しかし、自分で作成することにはメリットとデメリットがあるため、あらかじめ理解しておく必要があります。ここでは、それぞれのポイントを詳しく解説します。

メリット

ここでは、自分で求人広告を作成することで得られるメリットについて詳しく解説します。特に、求人広告の知見やノウハウを持つ人材が自社にいる場合は、その恩恵を受けやすくなるでしょう。

採用コストを削減できる

外部の専門家に依頼することなく、自社で求人広告を作成することで、採用に関するコストを大幅に削減可能です。

特に頻繁に採用活動を行う企業にとっては、年間の採用コストが大きな負担になりますので、コスト削減は大きなメリットとなるでしょう。

自社の魅力を具体的に伝えられる

自社の文化や特色を熟知している内部のスタッフが作成することで、自社の魅力や独自性を具体的かつ正確に伝えることができます。

求人広告を作成する担当者は、経営者や採用予定部署で活躍する従業員にインタビューをするなどして、自社の魅力を探ることが大切です。

デメリット

求人広告作成はコスト削減などのメリットがありますが、一方いくつかのデメリットも存在します。メリットとデメリットを天秤にかけて冷静に判断することが大切です。

求人作成に時間が掛かる

採用担当者の多くは求人広告の専門家ではないため、求人広告の作成に想像以上に時間がかかるケースがあります。

特に複数職種で求人広告を作成する場合、多くの時間と労力が必要となり、本来の業務に支障をきたす可能性もあるため注意が必要です。

上手く魅力を伝えられない

プロの技術や知識を持たないため、企業の魅力を十分に伝えるのが難しい場合があります。

結果として自社が求める人物像と異なる人材からの応募が増えてしまうケースや、伝え方によっては求職者の誤解を生むリスクも考えられます。

法令違反に気づかない場合がある

採用に関する法令や規定を十分に理解していない場合、知らず識らずのうちに法令違反をしてしまうリスクがあります。

それによって求人広告媒体側から非掲載にされてしまったり、誤った情報を伝えることで求職者トラブルに発展したりする可能性もあるため注意が必要です。

求人広告をプロに任せるメリットとデメリット

求人広告の作成をプロに依頼することは、自分で作ることに比べて、品質や成果の面で大きな違いをもたらすことが期待されます。

しかし、プロに依頼することのメリットとデメリットはしっかりと理解しておく必要があります。ここではそれぞれのポイントを詳しく解説します。

メリット

「餅は餅屋」というように、物事はそれぞれの分野の専門家に任せることで求める成果が得られます。同様に求人広告においてもプロに任せることで数多くのメリットが得られます。

クオリティが向上し、採用力が高まる

プロの技術や知識を活用することで、求める人物像に合わせた高品質な求人広告を作成できます。これにより、自社の採用要件を満たす求職者を引き寄せることが期待されます。

社内リソースを効率的に活用できる

求人広告の作成を外部に委託することで、社内のリソースを他の重要な業務に集中させることができます。

例えば、選考プロセスの見直しや従業員の定着率アップなど、求人掲載以外の採用活動に注力できるため、自社の採用活動力の向上が期待できるでしょう。

効果出しのポイントや最新情報を教えてくれる

プロは採用市場の最新のトレンドや、求人広告の効果を最大化するポイントを熟知しています。その知識やノウハウを享受することで、自社の採用力向上につながり、より効果的な求人広告を作成できるようになります。

労働条件不備や法令違反がないかチェックしてくれる

プロは採用に関する法令や規定を熟知しており、その知識を活用して求人広告の内容をチェックしてくれます。これにより、法令違反のリスクを大幅に低減できます。

また、Indeedをはじめとしたセルフ運用型の求人ツールは、掲載基準が設定されているため、それらを満たさないと非掲載になることがあります。

こうした掲載基準も自分たちで調べるのは時間と手間がかかりますが、プロはそうした基準も理解しているため、効率的に採用活動を進めることが可能です。

自分たちが気づかない自社の魅力を発見できる

外部のプロの視点から企業を見ることで、自社が持つ隠れた魅力や特色を発見できます。こうした魅力は自社の優位性につながり、採用力向上につながる重要な要素です。

自分たちでは当たり前に感じていることでも、第三者の視点から見て価値が高いことはたくさんあります。

デメリット

プロに求人広告の作成を依頼することには数多くのメリットがある一方、デメリットも存在します。どのようなデメリットがあるか見ていきましょう。

費用がかかる

プロの技術や知識を活用するための費用が必要です。特に、採用が難しい職種や、よりクオリティの高い求人作成を求める場合、それに応じた費用が発生することが考えられます。

また、あくまでも求人作成に対して費用が発生するため、仮に広告としての反響が乏しかったとしても、成果保証がないことが一般的です。

制作担当者によってクオリティが異なる

依頼する制作担当者や広告代理店によって、求人広告のクオリティは大きく異なります。特に、求人広告においては利用する求人メディアの力だけではなく、求人広告のクリエイティブによっても効果が左右されます。

同じ企業で同じ職種の求人であっても、人によって仕上がりは大きく変わります。そのため、依頼先を選ぶ際は、実績や得意な業界、過去の事例などを確認し、慎重に選ぶことが重要です。

自分で作るかプロに頼むか悩んだ時はアットカンパニークラウドがおすすめ

もし、求人広告を自分で作るべきか、プロに頼むべきかお悩みの際は、弊社が提供する「アットカンパニークラウド」の活用がおすすめです。アットカンパニークラウドは、求人や採用ページをセルフ運用できる、中小企業の採用活動に最適な採用支援ツールです。

作成した求人は、Indeedや求人ボックスなど、求人検索サービスや求人サイトへ自動で連携され、求人掲載・停止から応募者の管理まで無料で利用できます。

さらにアットカンパニークラウドでは、求人や採用ページの作成をお忙しいご担当者に代わって求人のプロが対応する「作成代行オプション」が用意されています。

作成代行オプションを活用していただくことで、プロの豊富な経験と蓄積データを元に応募を集めるテクニックを詰め込んだ、魅力的な求人ページを作成します。

興味をお持ちの方は、こちらより詳細をご確認ください。

まとめ

今回は、自社で求人広告を作成する場合と、プロに依頼する場合のメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

求人広告の作成は、企業の採用活動において非常に重要なステップです。自分で作る場合は、コスト削減や自社の魅力を具体的に伝えることが挙げられますが、労力が掛かることや、法令違反のリスクなどのデメリットも考慮する必要があります。

一方、プロに依頼することで、高品質な求人広告の作成や法令違反のリスク低減、さらには自社の隠れた魅力を発見するなどのメリットが得られます。費用はかかるものの、その投資を通じて得られるリターンは大きいといえるでしょう。

プロの手による求人広告は、その効果や品質において大きな違いをもたらすことが期待されます。特に採用活動が不慣れな場合は、まずはプロの力を活用し、ノウハウを蓄積していくことがおすすめです。


<記事監修:高橋 洋介>

リクルートと広告代理店にて求人広告営業に従事。主に中小企業を中心としたアルバイト・中途社員の採用支援を行う。在職中にGCDFキャリアカウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント資格も取得。独立後はフリーランスとして企業の採用実務支援から、Webマーケティング支援など幅広く活動している。