中小企業のための採用支援ツール

採用力の高い企業とは? 採用を成功させる要素とチェックポイント

採用力が高い企業とは?採用を成功させるポイント

採用力とは、企業が採用活動を行う際に必要な人材を効率的に採用する力のことです。近年、採用環境が厳しくなっていることに伴い、採用力の向上に意識を向ける企業が増えています。

今回は、採用力が高い企業の特徴、採用力を高めるポイント、そして効果的に採用活動を実施する方法まで詳しく解説します。採用力向上にお悩みを抱える企業経営者様や採用担当者様は、ぜひご参考にしてください。

採用力とは

そもそも採用力とは、どういったものを指すのでしょうか。一般社団法人 日本採用力検定協会では、「採用力とは組織および社会に有益な採用活動を設計・実行する力」であると定義しています。つまり、採用力とは「企業が求める人材を採用できる力のこと」を指します。

企業が経営状態を維持し、永続的な成長を遂げるには優秀な人材採用が欠かせません。そのため、採用力を高めることは企業にとって重要な経営課題といえます。

企業規模や知名度にかかわらず、採用力は取り組み方次第で高めていくことが可能です。採用力が高い企業は採用目的や基準が明確であり、応募から内定までのスピードも早く、入社後のフォローもしっかりと行われています。

社内で採用業務に関わる方は、自社の採用力向上に取り組み、優秀な人材を採用して会社の成長につなげることを目指すことが一層求められていくでしょう。

採用力が求められる背景

近年、企業経営において採用力の重要性が高まっています。今や、企業や組織にとって採用力を高めることは、重要度の高い経営課題といえるでしょう。そもそも、なぜ採用力が求められるようになったのでしょうか? その背景にはいくつかの要因があります。

労働力人口の減少に伴う人材獲得競争の激化

近年、日本では労働力人口の減少による人材不足が深刻化しています。優秀な人材確保に向けて企業間の採用競争は激しさを増すばかりです。

今後国内は人口減少が急速に進むと予想されているため、多くの企業にとって人材獲得は重要な課題に位置づけており、自社の採用力を高めるための取り組みが行なわれています。

採用手法の増加による業務の複雑化

インターネットを利用した採用手法が増加することで、採用業務が複雑化しています。従来の求人広告やハローワークに加え、求人検索サービス、SNS、口コミサイトなど企業はさまざまな方法で求職者にアプローチする必要があり、それに伴い業務が増加するため、効率的な採用プロセスの確立が求められます。

採用チャネルを選択する際には、求職者の属性や志向性、採用担当者の知識・スキルにも配慮した選択が必要です。

採用担当者の負担増加

近年、人材獲得競争が激化するなか、採用手法や応募者数が増えたことにより、採用担当者の負担も増加しています。

求人票の準備、応募者対応、日程調整、書類審査、候補者とのやり取りなど、採用担当者の業務負荷は増すばかりです。このような環境下で、採用担当者に必要なスキルや効率的な業務方法の確立が求められています。

採用活動スピードの必要性が顕著に

採用活動において、対応スピードの必要性が顕著になっています。とくに優秀な人材ほど他社と比較検討する傾向があるため、他社に興味が移らないうちに選考を進めることが大切です。

選考プロセスにかかる日数や工数を短縮し、スピーディに内定までつなげることで、優秀な人材の獲得がしやすくなります。つまり、採用成功を収めるには採用担当者の能力次第といっても過言ではありません。

採用担当者は自社の採用プロセスを見直しながら、より効率的なやり方を探求し続けることが求められています。

採用力が高い企業の特徴

では、採用力が高い企業とはどのような企業なのでしょうか?

採用力が高い企業には、いくつかの共通する特徴があります。これらの特徴と自社を照らし合わせることで、採用活動上の課題が見えてくるでしょう。

ここでは、採用力が高い企業の特徴を7つご紹介します。あなたの会社はいくつ当てはまるでしょうか?

1.採用の目的や目標を掲げている

採用の目的や目標を掲げることは、求める人材像が明確になるため、採用活動の大きな成功の鍵といえます。採用においては、単に空いたポジションを埋めるだけでなく、自社にとって必要かつ最適な人材を採用することが大切です。

明確な目的や目標を掲げ、採用活動を行っていくことが、結果的に採用力の向上につながります。

2.採用したい人物像が明確である

採用力を高めるためには、採用したい人物像を明確にすることが必要不可欠です。具体的に求めるスキルや人物像を明確にしておくことで、採用活動がスムーズになります。

また、応募者も自分自身が求められる人物であるかを判断しやすくなるため、コミュニケーションもスムーズになります。

3.最適な採用手法を選択している

最適な採用手法を選択することは、採用力を高めるためにとても重要です。採用目的やターゲットを明確に定め、それに合わせた採用方法を選ぶことで、自社に必要な人材をより効果的に採用できます。

採用手法は、求人媒体の選定や、面接の方法、採用活動のタイミングなどさまざまです。正しく選択することで、採用活動の成功につながります。

4.自社ならではの魅力を発信している

自社ならではの魅力を発信することは、採用力を高める大切な要素のひとつです。具体的な社内の雰囲気や社員の声を伝えることで、応募者が自社で働くイメージを持ちやすくなります。

また、他社にはない魅力をアピールすることで、自社を差別化することもできます。

5.採用基準が統一されている

採用基準が統一されているというのは、企業側が求める人物像に一定の基準があるということです。そうすることで、採用担当者は客観的な視点で応募者の能力や適性を見極められます。

また、応募者側も自分がどのようなスキルや経験を持っていることが求められているのか明確に把握できるので、自己PRのしやすさも増します。

6.応募から内定までの対応が早く、丁寧

応募から内定までのスピードと丁寧さは、採用力を高める重要なポイントのひとつです。応募者からの問い合わせや提出書類の審査、面接後のフィードバックなど、迅速かつ丁寧に対応することで、応募者のモチベーションを高め、優秀な人材獲得につながります。

7.入社後もしっかりとフォローしている

採用力が高い企業の特徴のひとつに、入社後もしっかりとフォローしているという点が挙げられます。

新入社員が入社した後に、丁寧な研修やマンツーマンの指導、定期的なフィードバックなど、フォローアップがしっかりと行われることによって、社員のモチベーションやスキルアップに繋がります。採用担当者だけでなく、上司や同僚のサポートも大切です。

また、これらを行うには採用業務の効率化も欠かせません。採用力の高い企業は、採用DXによりデジタルツールを活用していることも特徴です。

▼採用DXについては、こちらのコラムでご紹介していますので、ぜひご参考にしてください

採用サイトの役割と効果とは?作成・運用の秘訣採用サイトの役割と効果とは? 採用に繋がる作成・運用の秘訣も解説

採用力を高める3つのポイント

採用力は、企業の大小や知名度にかかわらず高めることが可能です。ここでは採用力を高めるうえで、押さえておくべき3つのポイントをご紹介します。よりよい採用活動を進めるために、ぜひご参考にしてください。

1.応募者の興味関心を惹きつける

応募者の興味関心を惹きつけることは、採用活動において非常に重要です。求職者が自社に興味を持ってくれるように、企業や職種に関する魅力的な情報を提供する必要があります。

たとえば、会社のホームページや採用ホームページで企業の文化や社員インタビューなど、候補者が知りたい情報を提供するとよいでしょう。

2.採用競合の取り組みを分析する

採用競合や類似する企業の取り組みを分析することは、自社の採用力向上につながります。競合他社の採用手法や求人情報を調査することで、自社の優位性や改善すべき点がみえてきます。

また、差別化された求人情報を出すことで、求職者から注目されやすくなります。採用競合の取り組みを分析して、より魅力的な企業としてアピールしましょう。

3.対応ステータスを可視化する

採用活動において重要なのは、応募者とのスムーズなコミュニケーションです。そのため、「書類選考中」や「一次面接」「二次面接」などの対応ステータスを可視化することが大切です。

応募者からの問い合わせや内定の連絡など、ステータス情報が共有されることで、無駄なコミュニケーションが減るため、業務負担やストレスが軽減されます。さらに、応募者の対応漏れなどの機会損失を防げることも大きなメリットです。

効果的に採用活動を実施する方法

企業にとって、採用活動はとても重要なものです。効果的な採用活動を実施することで、優秀な人材を確保し、企業の成長につなげることができます。そのためには、事前に計画的に準備を行うことが必要です。次に、ご紹介する工程をご参考にしてください。

採用のゴール・目標を設定する

採用活動を始める前に、採用のゴール・目標(どのような人材を、どの期間で、どのくらいの採用コストで、どの部署に採用するか)を設定することが大切です。

採用目標を設定することで、採用プロセスがよりスムーズに進行し、効果的な採用活動を行えるようになります。現場内の意見が一致し、意思疎通もスムーズになるでしょう。結果として、無駄な時間と費用を費やさずに済むため採用コストの抑制にもつながります。

理想の採用者像を明確にする

採用活動を行う際には、理想的な採用者像を明確にすることは非常に重要です。どのような人物を採用するのかを決めることで、採用基準(採用に必要なスキルや資質)を明確にすることができます。

また、採用活動において効率的に選考や求職者とのコミュニケーションもスムーズに進めることができます。

採用基準を明確にする

適切な採用基準を設定することで、候補者を公正に評価できるだけでなく、採用ミスマッチを減らすことができます。採用基準を作る際には、企業のニーズや求める人物像をしっかりと把握する必要があります。

また、評価項目を具体的に決め、面接官全員が同じ評価基準を共有することで、選考結果がぶれなくなります。このように採用基準を明確にすることで、採用活動の質や効率性を担保できます。

採用管理システム(ATS)を導入する

採用管理システム(ATS)は、近年注目を集める採用活動の強化や効率化を支援するツールです。求人情報、応募者の個人情報、選考の進捗、採用担当者の評価など採用活動に必要な情報を一元管理することができ、業務の効率化やペーパーレス化など、さまざまなメリットがあります。

採用管理システム(ATS)の導入によって、時間やコスト、人的リソースを節約できます。採用基準やプロセスの明確化にもつながり、公平な採用選考を可能にします。あらゆる業種の採用活動において、採用管理システム(ATS)は必須のツールといえるでしょう。

採用プロセスごとに目標を設定する

採用活動は日々進行していく複雑なプロセスのため、各プロセスを管理し改善していく必要があります。

プロセスごとに目標を設定し、数値化することで、採用活動の進捗や問題点を把握し、適切な対策を打つことができます。また、目標を設定することで、採用活動の効率性を高め、採用の成功率を大幅に向上させることができます。

定期的に振り返り、改善を図る

採用活動を成功させるには、定期的な振り返りと改善が欠かせません。採用プロセスごとに目標を設定し、進捗状況を把握することで、問題点を把握できます。そして、振り返りを通じて、問題解決策を見つけたり、採用活動を改善する施策を検討しましょう。

このような取り組みを継続することで、より効率的な採用活動が実現されます。また、社員からのフィードバックも重要なポイントです。採用プロセスにおいて改善点を見つけた場合は、社員からの提案も取り入れてみるとよいでしょう。

まとめ:採用活動を効率的に進めるなら、採用管理システム(ATS)の導入がおすすめ

採用力を高めることは企業にとっても、社会にとっても大切なことです。求職者は、単に企業の知名度や条件の良さだけで仕事探しをしているわけではありません。その会社の雰囲気や価値観、仕事のやりがい、社会への貢献度合いなども、重要な選択肢となります。

そのため、企業は自社にとってどんな人材を採用したいか明確にし、自社ならではの魅力を発信することが大切です。また、求職者から応募があった際は、真摯に対応することで求職者の志望意欲を高めることにもつながります。

しかしながら、採用プロセスを分析・検証し、求職者一人ひとりの対応を丁寧にすればするほど採用業務の負荷が高まることも事実です。そうした際には、採用管理システム(ATS)を導入することで煩雑・複雑な採用活動を効率的に進めることが可能です。


<記事監修:高橋 洋介>

リクルートと広告代理店にて求人広告営業に従事。主に中小企業を中心としたアルバイト・中途社員の採用支援を行う。在職中にGCDFキャリアカウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント資格も取得。独立後はフリーランスとして企業の採用実務支援から、Webマーケティング支援など幅広く活動している。