中小企業のための採用支援ツール

採用サイトの役割と効果。採用に繋がる作成・運用の秘訣をご紹介!

採用サイトの役割と効果とは?作成・運用の秘訣

近年活用する企業が増えつつある、自社採用サイト。求人情報の掲載を通して求職者に信頼感を与え、応募を集められることが採用サイト活用の代表的なメリットだと言えます。

この採用サイトには応募を促す効果以外にも、実は大切な役割や意外な効果があることをご存じでしょうか? 自社採用サイトを制作する前に、活用のメリットについてしっかりと把握しておきましょう。

今回は採用サイトの役割と効果に加え、効果的な採用サイトの作成・運用の方法をご紹介します。採用に繋げるための工夫や秘訣もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

採用サイトの役割

求職者の多くが閲覧する「採用サイト」。ここでは代表的な3つの役割をご紹介します。

企業の信頼性を高める

「企業の信頼性を高める」ことが、採用サイトの役割のひとつです。インターネットでの求職活動が当たり前となった今、求職者はIndeedなどの求人広告を閲覧する際、同時に応募を検討している企業の採用サイトを閲覧する傾向にあります。

その際に採用サイトの内容が乏しかったり、情報が古い場合などは応募を回避することも少なくありません。また、採用サイト自体がない場合は、応募数を保証することは更に難しくなると言えます。

求人情報が溢れる中で、情報の信頼性を確認することは今や求職者の常識です。そのため企業側としては、最低限求職者へ「信頼感」を与えられる採用サイトを用意しておくことが必要です。

組織の在り方を共有する

社長メッセージや事業ミッションの記載を通して、組織の理念や事業方針を伝えることも採用サイトの大切な役割です。多くの求職者は、自分自身と企業との相性を確認するためにも、採用サイトを閲覧し情報を得ようとします。

また、組織風土や事業方針を確認し、就業に向けたモチベーションを見出す求職者も少なくありません。採用ターゲットからの応募を集める観点からも、組織の在り方をページ内で丁寧に伝えることも、非常に重要であると言えるでしょう。

求職者に魅力を伝え、応募を促す

名称が表す通り、応募を促し採用に繋げることが「採用サイト」の最も重要な役割です。応募を集めるためには、信頼感とともに企業の魅力を伝えることが非常に大切なポイントです。

具体的には「事業の強み」「働く環境の良さ」「仕事の楽しさ・やりがい」「充実した待遇」など、企業がもつ魅力を様々な観点から丁寧に伝えます。

このほか、社員インタビューなどを通して「働く人の魅力」を伝えることも、応募を集める手段としては非常に有効です。求職者側の視点で魅力を訴求し、応募を促すことが、採用サイト最大の役割だと言えます。

採用サイトに期待できる効果

次に、採用サイトを立ち上げることによって期待できる、代表的な4つの効果について解説します。

応募数の向上

採用サイトで企業の特性や情報を開示することで、応募数の向上が期待できます。前出の通りですが、求職者は気になる企業については採用サイトを参照し情報収集をします。

その際に企業の特性や組織の魅力をしっかりと訴求することができれば、応募数は向上します。

また、事業や業務内容に関する情報を丁寧に訴求すれば信頼性も増し、求職者の本気度を高めることにも繋がるでしょう。

求職者視点で必要な情報が押さえられた採用サイトを制作することで、辞退の少ない応募を効率的に集めることが可能です。

アンマッチの防止

採用サイトは、アンマッチの防止にも繋がります。「思っていた会社でない」と求職者が感じた場合は、早期退社や内定辞退に繋がることも少なくありません。

このような事態は双方にとって最も非生産的なことです。社内や業務の実態を、できるだけ具体的に示すことが防止策となります。この点においても、求職者の立場に立った情報の訴求が大切です。

アンマッチを削減するには事業方針や社長メッセージなどを通して、組織の方向性を明示することが大切です。また、組織や業務のメリットだけでなく、覚悟が必要な面も隠さず記載することがポイント

採用サイトの閲覧を通して求職者の意思を固めることができれば、応募のアンマッチを大きく削減することにも繋がるでしょう。

採用コストの削減

採用サイトを自社で管理・運用することで、採用に係る費用を抑えることも可能です。求人広告との併用や個別募集、SNSとの連動などの様々な運用パターンを試すことで、自社に最適な採用手法をみつけることができます

また、採用サイトを随時修正し効果を上げることができれば、大きく採用費用を抑えることも可能になります。

インターネットやSNSでの求職活動が主流となったことで、多くの企業では採用の内製化が進んでいます。

自社にあった採用手法を見つけることで、より効率的な採用活動を実現できることが内製化の代表的なメリットです。結果的に採用費用を抑える効果も十分に期待できると言えます。

求める人材の確保

組織に必要な人材からの応募を促す効果も期待できます。応募数がどれだけ集まっても、組織にあわない人材であれば対応に追われ余計な負荷が増すことになります。

しかし、ターゲットに届く訴求方法によって応募者を絞り込むことで、求める人材からのエントリーを集めることも可能になります。

スキルや経験はもちろん文章の構成や書き方によっては、社交性のある人物から職人気質の人物まで、細かくターゲットを絞ることもできるのが採用サイトの利点のひとつです。

求める人材の価値観に触れるコンテンツ作りができれば、採用活動をさらに効率的に進めることができるでしょう。

採用サイト作成のポイント

ここまでは採用サイトの役割と効果についてお伝え致しました。では、期待する効果を引き出すためには、どのような点に気を付けて作成すれば良いのでしょうか? ここでは特に基礎となる4つのポイントに絞って、採用サイト作成のコツを解説します。

ターゲットを設定する

採用サイトを作成するに当たって、まずは採用ターゲットを明確にすることが必要です。募集するポストや役割に応じた必要スキルを洗い出し、自社に招き入れたい人物像を設定します。

注意したい点は「募集の際の待遇や環境」と「採用ターゲット」とのバランスが合っているかということです。社会的にニーズの高い人物像であれば、当然それなりの待遇や魅力がなければ応募には至りません。この点を踏まえて、採用ターゲットの設定を進めることがファーストステップです。

コンテンツを整理する

採用ターゲットが明確になれば、採用サイトに記載するコンテンツを整理します。コンテンツ選定の基準は、先程設定した採用ターゲットに向けた内容のみ。

待遇や疑問に思っていることや、入社に際しての不安感など、ターゲットの心情を想像してコンテンツ制作をすることが大切です。

基本コンテンツは企業理念や事業方針、採用担当者からのメッセージ、業務内容の紹介などとします。そのほかに、ターゲットに合わせたキャリアプランや社員インタビューなどを掲載するのも効果的でしょう。

求職者の立場や心情を想像し、求める情報を提供することが、応募に繋がる採用サイト作成のポイントです。

採用サイトに掲載するコンテンツの作成につきましては、こちらの記事も参考にしてみてください。

採用サイトの作り方。採用ホームページに必要なコンテンツとは?

求人サイトと連携させる

求人サイトと連携させ、採用サイトへの導線を増やすことも非常に重要なポイントです。近年では無料で求人掲載が可能な、IndeedやGoogleしごと検索などを活用する企業が増えていますが、これらの求人サイトとの連携も可能です。

連携するにはサービスごとに転載条件が存在しますので、それぞれの規定を事前に調べたうえで制作する必要があります。

連携には少々手間が必要ですが、沢山のユーザーがアクセスするサイトから流入を見込める点は大きな利点です。サービスによっては有料媒体との連携も可能ですが、無料サイトの連携だけでも十分に効果があると言えるでしょう。

費用・人的コストを考慮し制作

理想の採用サイト像がみえてきたら、制作に関する費用や人的コストを考慮する必要があります。実際にホームページの制作を依頼すると、数万〜数十万円程度の費用と取材・打合せ時間が必要になることが一般的です。

さらに制作後の修正などにも、時間や金銭的なコストが追加で必要になることも。連携したい求人サイトの選定や設定、応募者の管理を含めた人的コストも掛かることを忘れてはいけません。

これまで採用サイト制作のネックになっていた、費用と人的コスト。この両面を解決する方法として、近年では採用ATS(採用管理システム)を利用する企業が増えてきています

無料で制作できるサービスもあるなかで、制作方法の選定が費用や人的コストを大きく左右すると言えるでしょう。

採用サイトは無料で作る時代へ

採用サイトは、無料で簡単に作れる時代になりました。採用ATS(採用管理システム)の利用企業が増えているのは、費用を掛けずに効果を上げられるためです。

採用サイトは無料で作れる

採用ATS(採用管理システム)を提供するサービスによっては、採用サイトを無料で作成することもできます。

さらに応募者管理・選考を含めた機能を搭載しているものも多く、採用業務を一気通貫で行えるため作業効率のUPにもつながります。

セルフ運用を基本としていることがほとんどですが、WEBの専門知識がなくても操作ができるよう簡単な仕様のものが多く、作成から運用までを負担なく行えるサービスとなっています。

本来数万円〜数十万円掛かる採用サイトの制作を、無料で行えるのがスタンダードになりつつある昨今、掲載後の修正もしやすくすぐにアクションできる点も、採用活動を行ううえで非常に大きな魅力のひとつです。

採用ノウハウの蓄積・内製化もできる

自社で作成・運用できることで、採用を内製化しノウハウを蓄積することができます。

例えば「雇用条件Aと雇用条件B」では、どちらの方が応募数が集まったか、またどちらが採用ターゲットに近い人材からの応募があったのかなどを、実際にテストすることも可能です。

時期や条件、文面などの効果を計測し、自社にあった採用手法を確立することができます。

IndeedやGoogleしごと検索などの求人検索サイトが多数リリースされるなか、採用サイトも大きく進化しつつあります。

費用を掛けず簡単に利用できることが、採用ATS(採用管理システム)最大の魅力だと言えます。

まとめ

今回は、採用サイトの役割と効果。採用に繋がる作成・運用の秘訣をご紹介しました。採用サイトの必要性や作成・運用のポイントを、ご理解いただけたでしょうか? ぜひ今回の内容を参考に、魅力的な自社採用サイトの作成にお役立てください。